相続税非課税枠

ドル

相続税の非課税枠

相続税は、相続した財産の金額によって非課税になることがあります。
相続税の非課税枠は次の3つに分類され、具体的な非課税枠はこの3つの考え方から決まります。

  • 相続人の人数によって決まる相続税の非課税枠
  • みなし相続財産に適用される相続税の非課税枠
  • 相続財産からマイナスできる資産の相続税の非課税枠

 

相続税の基本的な非課税枠は、下記のように相続する人の数で決まります。

3,000万円 + 相続する人の数 × 600万円 = 相続税の非課税枠

相続人が妻と2人の子供の計3人だった場合、4,800万円になるというわけです。
養子縁組をすることで相続人を増やすこともできますが、対象となるのは1名までとなります。

 

みなし相続財産とは遺産分割協議をする必要はないが相続税がかかる財産のことです。
たとえば、生命保険金や死亡退職金などがこれにあたります。
具体的な相続税非課税枠の計算方法は以下の通り。

相続する人の数 × 500万円 = 相続税の非課税枠

この他、相続税の場合、とても重要な非課税枠として配偶者税額軽減という特例があります。配偶者であれば一定の要件・申請をすれば以下の2つのうちどちらか高い税額までが非課税になる特例です。

1: 1億6000万円

2 :配偶者の法定相続額

たとえば、2が3億円だった場合は、3億円まで非課税にすることができます。

二次相続時に困ることのないように計算していくのがスジではありますが、「オカネを使う」こともありなわけですから、利用を検討しないというのはもったいないかなと思います。

お墓、仏壇、葬儀費用、香典などは相続財産から除くことができますのでお忘れなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る