生命保険非課税控除枠

DNA

生命保険金が非課税枠に!?

生命保険金に非課税枠が設けられているのをご存知でしょうか?
実は、以下の2点の条件を満たしていれば生命保険金を非課税枠として受け取ることができ、相続財産には加算されないのです。

1.受け取る生命保険金が非課税枠の範囲内であること。
2.相続財産から生命保険料を支払うこと。

一体どういうことなのか、ご説明いたします。

 

1.受け取る生命保険金が非課税枠の範囲内であること

生命保険金が非課税となる受け取り金額で重要なのは”相続人の数”です。

生命保険金が非課税枠となる金額を割り出す計算式は、

“500万円×相続人の人数”となります。

例えば、相続人が
1人の場合→500万円
2人の場合→1,000万円
3人の場合→1,500万円
4人の場合→2,000万円
5人の場合→2,500万円

相続人が、母、兄、姉、弟の4人いるが、保険金の受取人が母に指定されている場合はどうなると思いますか?

実は、この場合2,000万円まで非課税枠で生命保険金を受け取ることができるのです。
つまり、保険金の受取人が1人でも、相続人が4人いれば、上記でご説明した4人の場合の非課税枠が適応されるのです。

 

2. 相続財産から生命保険料を支払うこと

下記の条件を満たして、生命保険に加入していれば、生命保険金を相続税から非課税枠として受け取ることができます。

・保険契約者を亡くなる方と同じにする。
・亡くなる方の財産から保険料を支払っている。
・生命保険の受取人を相続人にする。

つまり、父が生命保険に加入し、父の財産から保険料を支払い、父が亡くなったら、保険金を相続人である母と子が受け取ります。
そうすることにより、生命保険金を非課税枠として受け取ることができるのです。

もっと生命保険控除枠について知りたい方は、ぜひ一度当サイトへご連絡ください。

bu_produce_contact

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る